レーシングドローン

レビュー:Eachine TX16S マルチプロトコル送信機

今回は、Eachine TX16S 送信機をレビューしていきます。 Open-TX対応の送信機で海外でも非常に人気なのが、RadioMaster製のTX16S。マルチプロトコル送信モジュールを内蔵しており、色々な種類のRCプロトコル...
ドローン

Banggoodクーポン情報:ドローン (10月16日更新)

【10月16日更新】 Banggoodのドローン関係のクーポンです。「Page Not Found」と表示されている時はクリックして確認してみてください。 カテゴリークーポン 割引:8%OFF数量制限:...
OpenTX

これが史上最強のRCプロトコルだ!ExpressLRSのここがスゴイ!!

最近チラホラと目にするようになった ExpressLRS という文字列。ExpressLRSは驚くほどのロングレンジと低遅延を両立させた新しいRCプロトコルです。 今までに発売されていた各種のRCプロトコルを使用した製品には無い、驚...
TOOL

レビュー:RJXHOBBY はんだ付けステーション RJX2976 拡大鏡とLEDライトで年配者にうれしい仕様

今回ははんだ付けする時に大変便利なツールが登場です。その名もはんだ付けステーション。 はんだ付け時に対象の物やケーブルを固定してくれるので、それらを押さえておく必要が無いので楽に作業ができるようになります。 さっそくはんだ付け...
2021.09.29
レーシングドローン

Banggoodサマータイムセール コラボ企画のご案内

Banggoodサマータイムセールに合わせて、Banggoodと当サイトの管理人である私のコラボ企画のご案内です。 当企画はツイッター上で行われます。 抽選で1名様にプレゼント! プレゼント景品はこちら 景品は、「...
レーシングドローン

レビュー:マイクロヘキサ Flywoo Firefly Hex Nano

マルチコプターで、プロペラ4個使用するのはクワッド(Quad)、6個使用するのはヘキサ(Hexa)。そうです今回はヘキサコプター、それもマイクロ機をレビューしてみました。 今回登場するのはコレ。メーカーFlywooのFirefly ...
2021.09.29
TOOL

【推薦ツール】ポータブルはんだごて TS80P カスタムファームウェア導入編

ポータブルはんだごてTS80Pは、フライト現場での修理はもちろん、自宅や職場で機体のビルドでも活躍できる優れたツールです。その実力は前回のレビューの通りですが、ファームウェアをオープンソースの物(カスタムファームウェア)にするとさらにパワ...
TOOL

【推薦ツール】ポータブルはんだごて TS80P これがあれば現場で修理ができる!

レーシングドローンを現場で修理するのに必須なツールといえばポータブルはんだごて。AC100Vの代わりにDC電源で使用できる高性能なTS80Pスマートはんだごてのレビューです。 レーシングドローンに関わっているとかなりの頻度で「修理」...
2021.06.24
How-to

【図解で簡単!設定ガイド】無料ESCファームウェア Bluejay編 スタートアップサウンドもOK!

この記事では現在静かなブームとなっている無料のESCファームウェアであるBluejay(ブルージェイ)の導入方法を解説していきます。 もはや設定しない理由がないほど必須機能であるRPMフィルターを使用するには、「DSHOTテレメトリ...
バッテリー・電源・充電器

レビュー:ToolkitRC M7 超小型 バッテリー充電器

2021年3月に発売されたばかりの、ToolkitRC M7は6Sまでのバッテリーに対応し、200W10Aの高出力ながら、手のひらに隠れるほど小型な多機能バッテリー充電器です。 今回Banggood様よりサンプル品をご提供いただきま...
バッテリー・電源・充電器

レビュー:ToolkitRC P200 ミニ パワー電源

充電器メーカーのToolKitRCから発売された小型高性能な可変安定化電源P200のレビューをしていきます。 小型の充電器の中にはAC入力がサポートされていなくて、リポバッテリーを入力源として目的のバッテリーに充電しなくてはならない...
2021.09.29
Betaflight

Betaflight 設定:GPSレスキューで自動帰還

BetaflightのGPSレスキューを使用すると、RC信号が遮断されたり、FPV映像がまったく見えなくなった時に、自動帰還させることが出来ます。この記事ではBetaflightでGPSレスキューを使用する方法を解説していきます。 ...
レーシングドローン

[ビルド] ブラックボックス搭載75Whoopを作ってみた

ブラックボックスを搭載したWhoop用のFCでシネマティックな撮影が出来る75Whoopを作ってみました。 Betaflightがブラックボックスに記録したジャイロデータを使用して、撮影した動画のスタビライズ(ブレ補正)が出来ます。...
レーシングドローン

レビュー:パーフェクトシネフープ! GEPRC CineLog25 パート2

満を持して発売されたGEPRC CineLog25は素晴らしかった! レビューパート1はこちら フライトレビュー 他機の不満点を改良し、専用のチューニングを施したCineLog25を飛ばしてきました。 ...
2021.03.17
レーシングドローン

レビュー:パーフェクトシネフープ! GEPRC CineLog25

この記事の内容を一行でいうと、「GEPRC CineLog25は間違いなく買いです!」 GoPro Liteカメラ(剥きプロ)を搭載してシネマティックな撮影をするための機体といえば、プッシャータイプの200g未満のCineWhoop...
2021.09.25
レーシングドローン

レビュー:Eachine TX16S マルチプロトコル送信機

今回は、Eachine TX16S 送信機をレビューしていきます。 Open-TX対応の送信機で海外でも非常に人気なのが、RadioMaster製のTX16S。マルチプロトコル送信モジュールを内蔵しており、色々な種類のRCプロトコル...
TOOL

レビュー:RJXHOBBY はんだ付けステーション RJX2976 拡大鏡とLEDライトで年配者にうれしい仕様

今回ははんだ付けする時に大変便利なツールが登場です。その名もはんだ付けステーション。 はんだ付け時に対象の物やケーブルを固定してくれるので、それらを押さえておく必要が無いので楽に作業ができるようになります。 さっそくはんだ付け...
2021.09.29
レーシングドローン

レビュー:マイクロヘキサ Flywoo Firefly Hex Nano

マルチコプターで、プロペラ4個使用するのはクワッド(Quad)、6個使用するのはヘキサ(Hexa)。そうです今回はヘキサコプター、それもマイクロ機をレビューしてみました。 今回登場するのはコレ。メーカーFlywooのFirefly ...
2021.09.29
TOOL

【推薦ツール】ポータブルはんだごて TS80P カスタムファームウェア導入編

ポータブルはんだごてTS80Pは、フライト現場での修理はもちろん、自宅や職場で機体のビルドでも活躍できる優れたツールです。その実力は前回のレビューの通りですが、ファームウェアをオープンソースの物(カスタムファームウェア)にするとさらにパワ...
TOOL

【推薦ツール】ポータブルはんだごて TS80P これがあれば現場で修理ができる!

レーシングドローンを現場で修理するのに必須なツールといえばポータブルはんだごて。AC100Vの代わりにDC電源で使用できる高性能なTS80Pスマートはんだごてのレビューです。 レーシングドローンに関わっているとかなりの頻度で「修理」...
2021.06.24
レーシングドローン

レビュー:パーフェクトシネフープ! GEPRC CineLog25 パート2

満を持して発売されたGEPRC CineLog25は素晴らしかった! レビューパート1はこちら フライトレビュー 他機の不満点を改良し、専用のチューニングを施したCineLog25を飛ばしてきました。 ...
2021.03.17
レーシングドローン

レビュー:パーフェクトシネフープ! GEPRC CineLog25

この記事の内容を一行でいうと、「GEPRC CineLog25は間違いなく買いです!」 GoPro Liteカメラ(剥きプロ)を搭載してシネマティックな撮影をするための機体といえば、プッシャータイプの200g未満のCineWhoop...
2021.09.25
レーシングドローン

レビュー:35g 2.5インチToothpick機「GEELANG WASP V2 100mm」パート1

当レビュー初登場のGEELANG製品が届きました。 GEELANGというとAngerというWhoopシリーズが知られていますが、今回はtoothpick機である、WASP V2 100mmをレビューしていきます。V2とあるのでV1が...
2021.02.06
レーシングドローン

レビュー:Insta360 SMO 4K カメラの本当の実力を探る!

2020年は剥きプロがはやり一気に高画質のシネマティックビデオが簡単に撮影できるようになりました。GoProで撮影した動画を ReelSteady GOでスタビライズすると少々ギクシャクしたフライトでもヌルヌルのスムーズビデオに変身しちゃ...
レビュー

レビュー:キランキランでとってもおしゃれな Skyzone ATOMRC CineFlex CF100 その3 フライト編

Skyzone ATOMRC CineFlex CF100 はシルバーメッキされたプロペラガードやウォータートランスファーによるカラフルなフレームが大変美しい機体です。 今回はフライト編です。 前回の記事はこちら ...
レーシングドローン

レビュー:キランキランでとってもおしゃれな Skyzone ATOMRC CineFlex CF100 その2 FC設定編

Skyzone ATOMRC CineFlex CF100 はシルバーメッキされたプロペラガードやウォータートランスファーによるカラフルなフレームが大変美しい機体です。 レビュー2回目の今回はFC設定編として、ファームウェアであるB...
2021.01.10
レーシングドローン

レビュー:キランキランでとってもおしゃれな Skyzone ATOMRC CineFlex CF100 その1 UNBOX編

FPV用のゴーグルで有名な Skyzone から CinematicWhoop が発売されています。今回はその中でも日本国内でのフライトに適した(200g以下)の CineFlex CF100 をレビューしていきます。 Skyzon...
2020.12.29
レビュー

レビュー:Happymodel Crux3 3インチCrazybeeX機 パート3 フライト編

Happymodel Crux3 は超軽量の3インチ機なので、どんな飛びを見せてくれるのか楽しみですね。Insta360 GO も搭載できるので、ブレ補正をしたフルHDビデオをお手軽に撮影できるのもよさそうです。 ...
2020.12.03
レビュー

レビュー:Betafpv Beta85X V2 プッシャータイプのシネフープ パート3 フライト編

Betafpv BETA85X V2 は Insta360 GO や GoPro Lite カメラを搭載して映画のよな撮影をする機体に最適です。レビューパート3ではGoPro Liteカメラを搭載して4K動画を撮影しました。 レビュ...
レーシングドローン

レビュー:Happymodel Crux3 3インチCrazybeeX機 パート2 FC設定編

注目のHappymodel の軽量3インチ機 Crux3のレビューパート2。 前回は機体をじっくりと見ていきました。今回はフライトコントローラーの設定内容を確認していきましょう。 レビューのパート1 UNBOX編はこちら。 ...
2020.12.03
Betaflight

Betaflight 設定:GPSレスキューで自動帰還

BetaflightのGPSレスキューを使用すると、RC信号が遮断されたり、FPV映像がまったく見えなくなった時に、自動帰還させることが出来ます。この記事ではBetaflightでGPSレスキューを使用する方法を解説していきます。 ...
How-to

[図解] Betaflight 設定 : ダイナミックアイドル導入でパフォーマンスUP!

Betaflight のダイナミックアイドルは機体のパフォーマンスを向上させます。アイドルとはモーターのアイドル回転数の事です。この記事ではダイナミックアイドルの利点や設定方法を解説していきます。 どうやら日本ではBetafligh...
Betaflight

【図解で簡単】Betaflight でソフトシリアルを設定する方法

Betaflightでポートを増やすソフトシリアルの設定方法を解説します。ポートが足りなくなって困った時の裏技的に使用できます。実際に行ったスクリーンショットを見ながら簡単に設定できます。
2021.05.29
Betaflight

古いF3の機体をRPMフィルターとJESC48KHzで蘇らせる

レーシングドローンのフライトコントローラー(以下:FC)に使用されているプロセッサには、F3、F4、F7、最近では H7 があります。数字が大きくなるほど処理能力が上がります。最近ではほとんどのFCで最低でもF4が使用されています。またB...
Betaflight

Betaflight 4.1 でRPMフィルターを使ってみた

Betaflight 4.0 から導入された双方向DSHOTの機能を使用するRPMフィルターは、モーター由来のノイズを大幅に取り除くことができ、スムーズなフライトにつながります。前回の記事で双方向DSHOTを有効にしたのでさっそくテストフ...
Betaflight

Betaflight 4.1 でRPMフィルターを設定する

Betaflight 4.0 から導入された双方向DSHOTの機能を使用するRPMフィルターは、モーター由来のノイズを大幅に取り除くことができ、スムーズなフライトにつながります。Betaflight 4.1 ではRPMフィルターの設定が簡...
2020.10.17
Betaflight

Betaflight 4.1.0 を使用してみる その2

フライトコントローラのファームウェアで最も利用されている Betaflight の 新バージョン 4.1.0 (RC版)を使用してみました。その1では使用できるまでをご紹介しましたが、前回より変わったところをピックアップしてみていきます。...
Betaflight

Betaflight 4.1.0 を使用してみる その1

フライトコントローラのファームウェアで最も利用されている Betaflight の 新バージョン 4.1.0 (RC版)を使用してみました。気が付いたところを紹介したいと思います。 Betaflight 4.1.0 を使用するには ...
Betaflight

Betaflight 4.1.0 RC版を使用する方法

レーシングドローンで使用されるフライトコントローラーのファームウェア(制御ソフト)で最大のシェアを誇る Betaflightの次期アップデート版は、10月に4.1がリリースされるとアナウンスされていますが、そのRC版が利用できるようになり...
2019.09.07
Betaflight

iFlight CineBee 75HD 2-3S Whoop レビュー パート4

今回は機体から送信機にテレメトリーデータを送信できるようにします。また、そのテレメトリーを利用してOSD内でもRSSIが表示できるように設定します。

Receive telemetry and RSSI

2020.10.29
Betaflight

Betaflight 4.0.2 リリース

Betaflight 4.0.1 が出たばかりですが、4.0.2 がリリースされました。4.0.1 ではF3ベースのFC(フライトコントローラー)すべてに影響し動作しなくなるというバグがあるそうです。F3ベースのFCを使用している場合は 4.0.2 に直接アップグレードしてください。

2019.07.02
Betaflight

Betaflight 4.0.1 リリース 月まで飛行問題対策

Betaflight 4.0.0 で多くの報告があった Flyaways問題(月まで飛んで行っちゃう)対策に、デフォルトのフィルター設定が変更されました。

Betaflight

Betaflight 4.0 コミュニティ プリセット

Betaflight 4.0 は今までのPID・フィルター設定値をそのままコピーしてくることは出来ません。デフォルト設定は適用範囲が狭そうなので、機体にあった設定が必要となってきます。

2019.11.10
Betaflight

Betaflight 4.0 小惑星リュウグウまで飛んでけ~(使用上の注意)

どうやらデフォルトのPIDでパワーウェイトレシオ良い機体を飛ばすとPID制御がうまくいかず、モーターが暴走するようです。なのでパワーのある6S機や軽量の機体で

Betaflight

Speedy Bee スマートフォン用FC設定アプリ

今月リリースされたばかりの Betaflight 4.0 にもなんと5日後には早々と対応版をリリースしました。ほぼすべての設定がスマホの画面内でGUIで設定できるのは素晴らしいです。スマホとUSBケーブルさえあればフライトの前や合間に現場ですぐに設定を変更できます。

2019.09.08
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました