Betaflight Configurator 最新版 10.5.1 リリース

Betaflight
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
Betaflight Configurator 10.6.0 の記事があります。2019年9月6日

BetaflightConfigurator 10.5.1

Betaflight の設定ツールが新しくなっています。(ただしStandalone版のみ)
今回は Betaflight 4.0 に対応したのがメインですが、それ以外のところも便利になっています。もちろん日本語対応しています。(日本語翻訳チームに感謝。自分は少ししか関与していない…)

Betaflight 4.0 自体は 3.0 系列から内部的にもかなり変わっている様で、4.0 の RC 版を設定するときはベータ版のCofigurator 10.5 を使うようになってました。詳細は本家で確認していただくとして、目立つところだけピックアップ。

いままで CLI で設定していた GPSレスキュー関係が [フェイルセーフ] タブ内で直接設定できるようになったのもいいですね。いままではステージ2へ移行後、落下させるか着陸させるかの2択しか表示されず、GPSレスキューを選択するにはCLIから直接コマンドで設定していました。

フェイルセーフのステージ2移行後の動作でGPSレスキューが選択可能になった

OSDがプロファイルに対応。
3つまでのプロファイルを設定でき、それぞれの表示内容を編集できる。実際に使うときはスティックメニュー内で使用するプロファイルを選択できます。
また、OSDに表示するエレメントにスティックオーバーレイが追加されました。(需要があるのか分からないけど・・・)

OSDプロファイルに対応。
スポンサーリンク

ダウンロード

最新版のダウンロードは、Chomeの拡張版はまだ更新されていないようなので、Standalone版を使います。Windowsなら、
 betaflight-configurator-installer_10.5.1_win32.exe
を下記からダウンロードしてインストールします。

0
タイトルとURLをコピーしました