レビュー:LDARC 4S FPV Racing Drone その3 フライト編

FPVフライト
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

LDARC(旧KingKongブランド)から出た85mmWhoop、ET85が届きましたのでレビューしていきたいと思います。以前は Tiny GTシリーズが好評でしたが今回はブラシレス機として登場です。

いよいよフライト編です。

なお今回はBanggood様よりレビュー機としてご提供いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。

フライト動画

今回はHDタイプではないためゴーグルのDVR録画となっています。ノイズも入りまくりですw

当初広い場所でかっ飛ばした録画もあるのですが、録画後見たらなにも面白くなかったので、Whoop機ならではの録画を集めました。

フレームが結構頑丈なのでいろいろな所でゴンゴン当てまくりですが今のところ全く問題なしです。プロペラも1回も交換していません。

😝 LDARC ET85 FPV Racing Drone 2-4S footage 💥WhoopならぶつかってもOK👍

使用したバッテリーは2Sから4Sです。2Sでも十分楽しめます。3S 520mAh で5分から6分フライト出来ました。

最近は Cinematic な撮影ばかりしていたので、出来るだけエルロンで曲がらないよう(画面が傾かないように)にしていましたが、今回はそんなこと気にせず楽しく飛ばせました。とにかくフレームがしっかりしているので4K仕様に改造したいですね。いい機体です。

なおRSSIが正しく表示されていません。OSDに2種類のRSSIを表示してみましたが機能していないようです。Betaflight Configurator で rssi_invert や rssi_scale などをいろいろ変更してみましたがうまくいっていないです。

0
タイトルとURLをコピーしました