レビュー:LDARC ET85 4S FPV Racing Drone その4 HD化編

レーシングドローン
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

実はこの機体は当初から4K化するつもりでいました。しかしながら肝心の4Kカメラ RunCam Hybrid が不調で返品交換になりましたので、交換品が来るまで Caddx Turtle V2 を載せてみました。

ET85 Spare Part Frame Kit

HD仕様とノーマル仕様ではキャノピーが違うので、スペアパーツキットを注文しました。

このキット1700円位だけど部品がてんこ盛りです。

内容物は左上から、
 フレーム2個
 ボトムプレートとネジ、スポンジ、輪ゴム
中段左から、
 ブザー、防振グロメット、モーターの敷物
 キャノピーを止めるネジ
 HD用のキャノピー2個
 ノーマルキャノピー2個
下段左から、
 DVRボード固定用のネジ
 FCの上に20mmX20mmのDVRボードを固定するためのパーツ
 (4Kと書いてあるのはCaddx Tarsiserの2枚ボード用に長くなっている)
 同じく FCの上に20mmX20mmのDVRボードを固定するためのパーツ(こちらは1枚ボード用)
 ディスプレイラック用の治具
 プロペラ固定用のM2X7mmボルト

これらがおなじみのプラスティックケースに入っていました。なんかすごく得した気がする。

スポンサーリンク

Caddx Turtle V2 カメラ取付

取り付け自体は非常に簡単です。

標準のキャノピーを外してFCが見えるようにします。FCを止めているネジを外してDVRボード固定用のパーツを挟んで再度ネジ止めします。すると20mmX20mmのボードが取付できるようになります。

そしてキャノピーにカメラとVTXを今までと同じように固定します。

黄色いパーツが20mmX20mm用のパーツですね。

もう少し横から見る。汚れていますねw

キャノピーはずいぶん高さがあるので余裕です。

もちろん Caddx Tarsiser のボードが搭載できますし、キャノピーのカメラ用の開口部も Caddx Tarsiser に対応してました。

ではフライトは、

いきなり木に引っ掛けて小川に落としました。。。
急流に流されていく機体を走って追いかけて何とか救出しました。

今まで水没した機体でもちゃんと乾燥させると復活してたので、多分大丈夫だと思っていましたが、数時間日干ししたら無事飛行できましたw

動画は次回公開します。。

肝心のET85の機体はこちらで買えます。HDバージョン。

ノーマルバージョン。

0
タイトルとURLをコピーしました