スポンサーリンク

FrSky vs Jumper:FrSkyがJumper T16を売るなとショップに圧力

FrSky VS Jumperレーシングドローン
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

何が起きているのか?

送信機の Taranis シリーズで有名な FrSky が、今話題の Jumper T16 は、FrSky Horus X10 をコピーしたものだから店頭(ショップページ)から Jumper T16 を削除するように要請している。従わない場合は契約の見直しや契約のグレードダウンをするとも。

各セーラーがYoutube上で暴露しています。

Jumper and FrSky's hypocrisy

FrSky wants Jumper T16 gone. Here's why that's not okay.

FrSky vs Jumper with OpenTX and GPL in the mix

FrSky からの文書は KababFPV によってここにあります。

And we noticed that your store have been selling Jumper T16. T16 is a copy of FrSky X10 (pls refer to the contents below for details). Copy and clone does no good to the RC industry, to the manufactures, to the dealers or to the customers. We hope your company, as FrSky business partner and the leader in the drones and FPV market, will re-evaluation the Jumper product line. We hope your store can remove T16 from your website. We are open to discuss if any requirement and suggests from your side.
Or else, FrSky will revaluation the cooperation relationship between us. FrSky may downgrading the customer grade , remove from FrSky dealer list and even stop supply products.

https://docs.google.com/document/d/1fbpyFAhoD51pBbch-UVKn2PiYaEesTOE3EH4rNtX_yI/mobilebasic

[Goolge 翻訳]

そして、我々はあなたの店はジャンパーT16を売っていることに気づいた。 T16はFrSky X10のコピーです(plsは詳細は以下の内容を参照してください)。コピーとクローン作成は、RC業界、製造業者、販売店、または顧客には役に立ちません。 FrSkyのビジネスパートナーであり、無人偵察機およびFPV市場のリーダーであるあなたの会社が、Jumper製品ラインを再評価することを願っています。あなたの店があなたのウェブサイトからT16を削除できることを願っています。私達は条件があれば議論するために開いており、あなたの側から提案します。   そうでなければ、FrSkyは私達間の協力関係を再評価するでしょう。 FrSkyは顧客グレードを格下げし、FrSkyディーラーリストから削除し、さらに供給製品を停止することさえあります。

https://docs.google.com/document/d/1fbpyFAhoD51pBbch-UVKn2PiYaEesTOE3EH4rNtX_yI/mobilebasic
スポンサーリンク

コミュニティの反応

動画に対するコメント等では、FrSky に対する批判が多いですね。
「Frsky 自身過去に何度も他社の技術をパクって来たくせに何を言ってるんだ!」
「FUTABA の FHSS(周波数ホッピングスペクトラム拡散)をパクって ACCST を出した。」
「SBUS もFrskyの物ではなかったじゃないか。」
「TBS Crossfire の T Antenna をパクって R9用のアンテナを製品化しただろ。」
なかには「もうFrSky製品は買わない」との声も・・・
そして「他社の製品に刺激されより良いものが出るなら全体にとってそれは良いことだ」と。ごもっともですね。

しばらくは様子見がいいかも

気になるのが OpenTX との関係です。この辺をJumperがうまくやってくれるといいのですが・・・
カラー液晶搭載の Jumper T16 は世界中で人気の様です。技適付きTXモジュールが使えるとあって日本でも話題になっています。既に使用している方も見えますね。今回の事でOpenTXが使用できなくなって製品サポートが出来なくなるようなことが無いように願いたいですね。

FrSky は新しいプロトコル ACCESS(Advanced Communication Control, Elevated Spread Spectrum) を今後の主流とすると発表しており、新製品のTaranis X9 Lite や Taranis X-Lite Pro および Taranis X-Lite S はこの新しいプロトコルにしか対応していないようになっています。そして下位互換ではないのでこのACCESSに対応すると今までのD8やD16の受信機は使用できなくなります。順次ACCESS対応ファームウェアを出すようですが、一部未対応の状況でACCESSに移行すると使用できない機材もできることになります。

今後 Jumper 製品がどうなるのか?や、FrSky の ACCESSの行方、FrSky製品の技適取得のうわさ、OpenTXとの関係など先行き不透明なところもあるので、しばらくは両製品の購入は待ったほうがいいかもしれませんね。

関連リンク

0
タイトルとURLをコピーしました